【注意】スクールゾーン時間指定の通行禁止エリア!?学校では教えてくれないお金のこと。アフターコロナの社会を生きる自己投資の考え方。

社会

こんにちはリリーバーです。

世間は夏休みですね。

子供が夏休みで家に一日中いるってのは親からしたら大変なんですよ。

コロナの時代は特に。テレワークで自宅にいないといけない。

そんな時に一日中、家で騒がれたら仕事どころではないでしょう。

今日話したいのはスクールゾーンについて。

スクールゾーンっていうのは学校の周辺の通学路のこと。

交差点の標識によく見ると8時から9時

13時から16時は通行禁止 休日除くって書いてあるんですよ。

この休日ってのは交通法によると日曜日と祝日のこと。

土曜日は含まない。

そして夏休みも冬休みも例外はないってことを覚えておいてください。

そのスクールゾーンを車で通行するためには通行証が必要になる。

それも子供の送り迎えは認められず、そのエリアに自宅があるなど、相当な理由がないと認められません。

通行証がなく、違反すると罰金7千円

そして点数も2点引かれるので注意が必要。

学校が近くにあってもこの時間指定の通行禁止があることや土曜日、夏休み、冬休みは該当しないということを知らない人はたくさんいます。

恐らく違反切符を切られたことがある人や、くらしのこういうお金を記事にしているような人でないと知らない人は多くいるでしょうね。

そして、もうひとつ警察官に物申したい。

警察官の交通取締り仕事は事故を未然に防ぐこと。

決して切符を切ることが目的であってはならないんです。

目的が前者であればエリアに入る前の交差点でここは通れないよと注意喚起すればいい。

でも切符を切ることが目的になってるのでエリアに入った途端に笛をふく。

そして、さっきまでここは絶対に通すことができない、通れないと血相をかえて怒る警察官も切符さえきれば、今後気を付けて下さいねと。

えっ通っていいのと、新喜劇のように転けそうになるぐらいあっさり通ることを認める。

もっと仕事にポリシー持ってよ!

こんな組織で日本は大丈夫かってなります。

まあ違反は違反でよくありませんので注意が必要ですが、こういう警察官もいるので無駄に時間を取られないためにも安全運転で交通ルールを守りましょう!

知らないと大きな出費にも繋がるので、注意喚起のつもりで書きました。

決して警察官を悪くいうものではありませんのでご了承ください。

頑張れお巡りさん。

矜恃を持った仕事をしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました