【今後】いつかは必ず訪れる介護。アフターコロナの社会を生きる自己投資の考え方!?

生活

おはようございます。

リリーバーです。

先日、これからの日本は高齢者社会だって話をしましたが、皆さん覚えてますか?

覚えてない人は以前の投稿を確認してみて下さい。

町を歩けば高齢者施設を見かけるとお伝えしたと思いますがどこまで増え続けるのでしょうか?

高齢者の割合は増加するのは間違いありませんが、コレだけ施設が増えてくると、自分にどこが必要か、合っているのかは難しい判断が問われます。

それを高齢者に判断してもらうのは大変でしょうね。

施設は増加してますが、そこで働く人はというと、どこもかしこも人手不足。

介護の資格を取れば食うには困らない時代です。

しかし、それでも人が集まらないのは介護職への悪いイメージがあるから。

キツイ、汚い、低賃金など。

昔に比べると改善傾向にはありますが

まだまだ働く人の声は届いてません。

コレだけニーズが合って施設が増えているということは儲かってる人は儲かってる。

そして、その話が口コミで広がり、開業支援ビジネスに繋がってますね。

なぜ福祉ビジネスが儲かるのか?

儲かる企業と、そうでない企業の差は何なのか?

またお話ししますね。









コメント

タイトルとURLをコピーしました