【意外】実は恥ずかしいことではない!友達が少ないことによるメリット5つ!

社会

突然ですが、あなたには友達が何人いますか?
そう聞かれると、「そういえば意識したことないな」「あの人は好きだけど友達と呼べるかはわからない…」などと考えてしまい、意外とパッと答えられない人も多いのではないでしょうか。

社会人になると、友達と会う時間もグッと減ってしまい友達がいなくなってしまったと感じる人も多いかと思います。
一人でいると、SNSで投稿される、友達が楽しそうに遊んでいる写真に焦ってしまったり、自分に自信がなくなってしまったりしてしまうかもしれません。

実を言うと、私もそんな、友達が少ないことで悩んでいた1人です。

でも、次第に友達が少ないことをメリットとして捉えられるようになり、今ではすごく快適に生活を送っています。
この記事では、「自分は友達が少ないかもしれない」と不安なあなたに、私が感じている、友達が少ないことの5つのメリットをご紹介します。

実はそんなに恥ずかしいことではないってことが、きっとわかっていただけると思います。

こんなにあった!友達が少ないことの5つのメリット

友達が少ないというとマイナスなイメージを持っているあなた。
実は、友達が少ないことにはものすごいメリットがあるんですよ。
これらのメリットを知れば、あなたもきっと友達は少ない方が良い!と思うようになるでしょう。

自由な時間が持て、自分の好きなことができる

仕事で疲れた心と身体を休める大切な休日。友達が多いということは、その分休日の予定が埋まってしまっていることも多く、自分の自由な時間が持ちづらくなってしまいます。友達との予定を入れることもリフレッシュになりますが、直前でやっぱり面倒くさいなぁと気が変わってしまうこともあるかもしれません。そんな理由で急にキャンセルする訳もいきませんよね。

友達が少ないと、休日は自分の好きなことが自由にできます。買い物に行くのも、家でゆっくりするのもOK。趣味や勉強に使う時間もたっぷりあります。

私が友達に会うのは年に1回か2回程度で、日常的にしょっちゅう会う友達はいませんが、特に寂しいとも思いません。お休みの日は予定に縛られることなく、伸び伸びと過ごしていますよ。

何かと出費が抑えられる

ご祝儀貧乏という恐ろしい言葉を聞いたことはありませんか?
ご祝儀貧乏とは、結婚式の招待が立て続けにあり、ご祝儀で家計が苦しくなってしまうことを表現している言葉です。
ご祝儀の相場は2万〜5万円。1ヶ月に1回だけであっても結構な出費ですよね。
しかも、結婚式ラッシュは、あなたが働き始めた数年後に来ることが多いです。友達が多ければ多いほど、まだお給料や貯金が少ない時期にご祝儀の出費が重なるので、お金のやりくりが大変になるのです。

友達を祝う気持ちのこもったご祝儀は、大切で必要な出費ではあります。
しかし、友達が少ないと、その分を生活費や自分の好きなもの、自己投資に回すことができるので大きなメリットになりますよね。

また、お茶やご飯、飲み会などに行くと最低でも2,000円前後はお金を使うかと思います。
日頃からそのような機会が少ないと、お金を使わない生活ができますね。

本当に大切な人に集中できる

恋人や家族など、友達以外にも大切な人間関係があります。
友達が少なければ、このような人たちと長く一緒にいることができますよね。
限りある時間とお金は、本当に大切だと思う人のために使いたいものです。

気を遣わなくて良い

友達の数が多いほど、人間関係の問題が起きやすくなります。友達同士の関係性など、自分は関係ないのに気を遣うこともあるでしょう。
友達が少ない場合は、そのような人間関係のわずらわしさから解放できます。
この魅力から、あえて友達を少なくしている人も多いようです。

自分と同じ、友達が少ない人と仲良くなれる

自分と同じ友達の少ない人には、すごく共感でき、魅力的に感じます。
私にもし友達ができるんだったら、お相手は絶対に友達が少ない人が良いです。
友達が少ない人は、同じく友達が少ない人から支持され、とっても魅力的に映るんですよ。同じような人が集まれば、居心地の良い関係ができるかもしれませんね。

ところでみんな友達は何人?

そもそも、友達の平均人数はどのくらいなのでしょうか。
ネットの調査で、20代の社会人の友人の平均人数は21.4人、親友の平均人数は3.3人という結果が出ているものがあります。
友達の数は多くても、親友と呼べる人の数は少ないことがわかりますよね?
こちらの調査の結果で言うと、親友以外の18人の友達はSNSでつながっているだけなのでしょうか。また、付き合いで会ったり、食事をしたりするだけの仲なのでしょうか。
これを見ると、友達が少ないと思っているあなたは、無駄な友達との付き合いがない、理想的な形とも言えませんか?

まとめ

私の友達の少なさは、人から心配されるレベルです。でも、生活に支障はなくむしろメリットばかりなので、友達を増やそうと言う気持ちはなく、その心配してくれる人をこれからも大切にしていきたいと思っています。
友達が少ないあなたは、周りに流されずに自分を大切にできる魅力的な人です。
必要最低限の人間関係で本当に大切な人だけのことを想い、これからも友達が少ない生活、社会を大いに堪能しましょう。
この記事で、あなたが少しでも自信を持てましたらとても嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました