【勝負】デジタル本 VS紙の本。あなたはどっち!? 自己投資の考え方。

自己投資

おはようございます。

リリーバーです。

自己投資と言えば、

読書と答える人が多いのではないでしょうか?

ましてや、このコロナ社会においては。

外出の自粛。

家で何する?

読書でしょ。

では皆さんはデジタル派ですか?

アナログ派ですか?

結露から言えば、私は両方を使い分けています。

デジタルは、読みたい時に読めるという利点があり、気軽に読めます。

なので、読み方も熟読というよりは速読や乱読のイメージです。

その結構は気軽に読める一方で、受け取る私自身も軽くなりがちで、重たい内容などが入ってこなかったり、考えが浅くなってしまうことがあります。

コレは脳科学においても、受取り側の姿勢で頭への入り方が変わるという説があるみたいですよ。

それに対して

紙の本は時間のある時に、さあ読むぞという体制が準備されているため、熟読することができ、ズドーンと脳に焼きつけることが出来ます。

また、その本、独特の紙の匂いや、手触りも重要だと思います。

そして、紙をめくり直しながら直ぐに振り返ることも出来る。

読んでいる時に、ん? まてよ!

さっきこういう書き方をしていたのは、こういうことか等。

ちょこちょこ振り返りたい私には、その時の紙のめくる感触とか。

なんとも言えないものがあります。

あまり上手く、お伝え出来てないようですが、分かる人いますか?

紙が良くてデジタルが駄目と言う話ではなく、その時々において、

読み方や、読む本において、

上手く使い分けることが大事だと思います!

必ず手にした本を全て熟読する必要はありません。

自分に合わないとか、意味ない、得られるものがないと思えば、

途中で止めてもいいんですよ。

次の本にいけばいい!

何を読んでいいか分からないという方や、一冊読めないって方は

今は要約アプリもあるので。

ここで読みたい本や、読む習慣を付けてもいいのではないでしょうか?

これが私の読書に関する考え方です。

皆さんはどうですか?






コメント

タイトルとURLをコピーしました