【裏技】学資保険入ってますか!?アフターコロナの社会!?

保険

おはようございます。

リリーバーです。

今日は久しぶりに保険の話をします。

それも学資保険です。

お父さん、お母さん、

これから、将来、近々、

お父さん、お母さんになられる方も、

保険、金融業界に興味ある方、

学生の方、

皆さん、注目ですよ!

必見です!

はい、ここから本題です。

結論から言うと今、学資保険に加入する人は昔に比べると大きく減ってます。

理由は2つ。

1つ目

学資保険の利率が昔に比べて低いから。

昔はお子さんが18歳、22歳の頃には払込み保険料の総額にたいして120%を超えるものもありました。

例えば毎月コツコツ総額100万円を積み立てると20年後には120万円になって戻ってくるイメージです。

それが最近のものは100万円積み立てても20年後に、102万円。

下手すると95万円というものも当たり前に、存在します。

なので昔は

200万円積み立てれば240万円。

300万円積み立てれば360万円。

コレなら、銀行預金を考えれば、魅力ありましたよね。

それが最近は100万円が102万円なので、増える金額よりも、

毎月必ず、5千円。1万円を積み立て続けるというリスクの方が高いですよね。

そして2つ目。

今度は販売する側の話からですが、

学資保険を、1本契約頂いても販売手数料が、ほどんどんありません。

数百円から数千円です。

だからそれだけの契約では保険会社や保険代理店は儲かりません。

手間賃にもなりません。

だからストレートに学資保険だけを勧められることはありません。

学資保険に代わる外貨保険での積み立て保険や、掛け捨ての医療保険やがん保険。そして生命保険に加入してもらわないとなりたたないのが現状です。

だから、学資保険に入ろうと相談しても、外貨保険を提示されたり。

学資保険よりも、積み立てするよりも、万が一に備えて他の保険に備えましょうと。

だから結果として学資保険に入る人は少ない。

これが現状のカラクリです。

私、個人的にも中立な立場で言わせてもらうと学資保険はリスクが高い割に増えないのでお勧めはしません。

外貨積み立て保険は理解して加入すれば決して悪い保険ではない。

しかし、出したい時に出せず学資保険には向いていない。

やるなら短期で支払い10年は寝かせる。

そして払込み総額の平均よりも円安のタイミングで解約し、解約金を受取る。

もしも円高が続くのであれば手持ちの資金を学資に回し、円安になるまで放置。

これが出来る人は外貨保険を上手く使いましょう!

だから、

学資保険で増える額であれば。

ちょっとした工夫で、FXなどでも増やせます。

確実に積み立てるなら、

FXやるとしても、

自己投資が先ですよ!

自己投資はローリスク、ハイリターンですよ!

ゼクシィ縁結びエージェント

コメント

タイトルとURLをコピーしました