【危機】ルール変更の注意!?アフターコロナの社会の自己投資!

自己投資

おはようございます!

リリーバーです。

今日、野球に例えたルールへ変更をする際の注意点を語ります。

数年前にプロ野球では米国のメジャーリーグに合わせて敬遠する際の申告敬遠を導入しました。

敬遠する時には監督が申告すればボールを投げなくても1塁に進ませるということです。

これは試合時間の短縮化を進めることを目的にしたルール変更です。

しかし、過去にはこの敬遠を巡って大きなドラマが生まれでました。

今、48歳で再び、プロ野球選手を目指している新庄 剛志が阪神時代に敬遠ボールを打ちにいき、まさかの。。

サヨナラヒット!!

っという、

ドラマは私は忘れもしません。

多くのファンは歓喜に踊り、大きなドラマを生みました。

そして、もっと遡ると元メジャーリーガーの松井秀喜が高校時代に、ランナーがいない場面でも敬遠される場面は、何とも言えない、当時、高校生が甲子園という場所での5打席連続敬遠。

これも今も語り継がれるドラマです。

高校野球でも来年から採用される申告敬遠で、もう、そういうドラマを見ることができません。

メジャーリーグは引き分けが、ないために、試合時間の短縮はわかりますが、

日本のプロ野球や高校野球において、誰も試合時間の短縮は望んでおらず、生で、ドラマのようなスポーツを見たいと思ってます。

ここまで、長々と書きましたが。

何が言いたいかと言うと

ルール変更するのはいいけども、

それが誰に、どのような影響を与えるか。

皆が望んでいることなのか。

プロ野球、高校野球ファンは何を望んでいるか。

そこを間違ったルール変更はファンを失い、取り返しの効かないものになる。

もし、試合時間の短縮を望むなら、他にも方法が、削れるところはあるはずですよね。

だからルール変更をする時は注意が必要です!

自分のルールや、ルーティンを変える時も、何を失って、何を得るか?

その本質が、間違っていないか?

確認することを忘れないようにしましょう!

では、今日も元気に自己投資!






コメント

タイトルとURLをコピーしました